保育型グルーミングサロン コンセプト

​今までのサロンの常識を覆した犬目線のサロンです。
今までのサロンの常識は
爪は短く切る
耳毛は全て抜く
肛門線は絞りきる
足裏はつるつるに刈る
シャンプーはお顔から尻尾の先まで完璧に洗う
作業はテーブルの上
などのことが当たり前でした
こうしたことを無理に続けていくと、いずれ作業出来なくなってくる可能性が高いです。
 
このように今までは「完璧に仕上げる」が当たり前だったかもしれませんが、これからはワンちゃんの負担を減らすことが主流になっていきます。
◎当サロンでは、わんちゃんの負担を減らすために苦手な作業はしない選択をしたり、素早く出来る範囲で終わらせたり、今後のために時間をかけて落ち着いてできるようにトレーニングしていきます。
​それには無理をしない、させないことが必要になってきます。
​これには飼い主様のご協力とご理解が必要になってきます。
 
 
 
 
 
 
①その犬にとって必要のないことはしません
 
・伸びていなかったら爪は切りません
爪を短くされると痛いです、血が出るまで切られるともっと痛いです
→犬は恐怖や痛みの経験は良く覚えます
​爪切りを出しただけ、足をもっただけで嫌がるのは
爪を切られる(痛いことをされるという経験をしたからです)
 
・肛門線は絞り切りません(かゆがったり、こすったりして炎症を起こしやすくなります)
・足裏はつるつるに刈りません(かゆがったり、怪我しやすくなったりします)
・耳毛は抜きません(引っ張って抜くことにより、炎症が起きてしますこともあります
          やっぱり痛がる子も多いです)
②どんな子も必ず様子を見ながらさせて頂きます
​嫌がっている場合は無理に作業を続けずに様子を見ながら出来る範囲で行います。