「犬が突然噛む」までの11ステップ

もっとも深刻な事態になりやすい『犬の攻撃行動』





身の安全を脅かされるというのは、動物にとって共通したストレスです。


その上、一緒に暮らしている犬が、予測不可能な噛みつきをすることは、深刻な事態に陥りってしまいます。



わたしは、犬の攻撃行動に悩んでいる飼い主さんのカウンセリング を行う事がありますが

ほぼ全員の方が『犬に本気で噛まれてから初めて相談をされる』という飼い主さんです。


当然といえば当然なのですが


噛む行動が一度でも起こった時点で、犬はそれを学習することになります。


つまり、相手を噛むことで「自分の安全が確保できた」「ストレスを軽減できた」という経験をすると、また同じ状況になると噛んで解決しようとするのです。




🐾犬は突然に噛むことはない


カウンセリングの際に

「今ままでは平気だったのに、最近、突然噛んでくるようになりました。なぜですかね?」

こう仰る飼い主さんが多くいらっしゃいます。


ですが、犬は突然噛んだりしません。

おおよそ、噛むという行動は最終手段です。


その行動に至るまでに、犬は何度も何度も「嫌だな」というシグナルを発しています。

にもかかわらず、それらを全て無視されたので、最後の手段として「噛む」という選択をするのです。


つまり、飼い主さん目線だと平気でさせてくれていたことも

犬目線だと、今までガマンしていたということになりますね。


この勘違いによって噛まれてしまったのです。



では、犬は噛むに至るまでに、どのようなシグナルを送ってくれていたのでしょうか?



🐾ストレスにさらされると見せる『11』のシグナル



犬には、ストレスや脅威を感じるときに見せる反応があります。

それは、軽度の小さいものから、はっきりと分かるものまで様々です。


例えば、アカの他人が近づいてくるシーンで見せる反応にはこのような反応レベルがあります。(*他人に対して社会化不足だと仮定します。)


【他人の接近】

レベル1: あくび、まばたきをする。自分の鼻を舐める。

    ⬇️

レベル2: 顔を背ける。

    ⬇️

レベル3: 体を背ける。座る。前脚をあげる。

    ⬇️

レベル4: 遠ざかる。

    ⬇️

レベル5: 体をすくめ、ゆっくりと動く。耳を後ろに倒す。

    ⬇️

レベル6: 身体を低くし、尻尾は股の間にいれる

    ⬇️

レベル7: お腹を見せるように横たわる。

    ⬇️

レベル8: 体を硬直させる。凝視する。

    ⬇️

レベル9: 唸る。

    ⬇️

レベル10: 噛もうとする。空噛み。

    ⬇️

レベル11:  噛む



こうした行動の目的は、脅威をそらし、調和を取り戻すことにあります。


他人が近づいてくるという脅威にさらされた犬は、

まずは、レベル1〜7の相手をなだめる行動を見せ「自分に敵意がないこと」を示し、安全に脅威をそらそうとしています。


このときに、相手の人がそれを理解して立ち去ったり、飼い主さんが回避の手助けをしてあげることで、犬は安心を取り戻します。


しかし、相手の人がそれを理解できずに手を伸ばして触ろうとしてきたり、飼い主さんがリードも持ったまま動かないとすると


レベル8になり「これ以上の脅威は排除しなければ!」へと変わっていきます。


犬は、いよいよ切羽詰まっている状態ですね。


こうした仕草は、その時の状況や相手の反応によって変化します。




🐾『予測不可能な攻撃行動』は飼い主が引き起こしている




これらの相手をなだめる仕草は、群生動物である犬たちがもつ、高度な適応能力です。

日常生活でごく普通に使われています。



そして重要なことは、


レベル1(まばたきやあくび)のシグナルを相手に送っても、期待した結果が得られない場合のみ、次のレベル(顔を背ける)に上がるということです。

ところが、軽度のなだめ行動を見せているのに、相手が適切でない反応を繰り返すと、その行動をする意味がなくなってしまいます。


そのため、レベル1〜7までのシグナルをすっ飛ばして、即座に唸ったり、実際に噛みついた方が犬にとっては効果的となるのです。



これが「なぜ突然噛むついてくるのか?」の答えになります。



犬の視点から言えば、「ただ脅威を安全にそらしたいだけ」


どんなに非攻撃的なシグナルを送っても、正しく理解されず、適切でない反応が返ってくる。ところが、唸ったり噛んだりすると脅威は即座になくなる。

「じゃあもう、いっそはじめから唸ったり噛んだりした方がいい」となるのです。



その結果、完全に予測可能であった攻撃行動が、前触れのない

いわゆる「予測不可能」な攻撃行動へと変わってしまうのです。


予測不可能な攻撃行動を起こすようになると、一緒に暮らす上で非常に高いストレスとなり

犬と人の双方に悪影響を及ぼすことになります。


そうならないためにも


上記11個のシグナルを理解し、はやい段階で脅威をなくしてあげて、攻撃行動を起こさずに済むようにしてあげましょう!




==================================


いつも読んで頂きありがとうございます!

【いいね】や【コメント】も頂けるとよりいっそう励みになります♫


他にも多数、犬に関しての記事を投稿していますので、もしよければ他の記事も覗いてみてください。(ひと記事は約3、4分で読み終えるぐらいにしています。)


あなたのドッグライフのお役に立てれば幸いです( ^∀^)


では!また!!



閲覧数:30回0件のコメント

最新記事

すべて表示