「自分が必要とされている」〜犬が子供に与える影響〜

【犬が子供に与える良い影響】



お母さんー「『犬が欲しい!犬飼って!!』って子どもが言うんですけど、どうしたら良いと思いますか・・?」


わたしー「そうですね〜、とりあえず今回は、犬が【思春期の子供の与える良い影響】についてお話ししますね」


『ペットとして動物を飼うことについて、よいと思うことはどのようなことか聞いたところ、「生活に潤いや安らぎが生まれる」を挙げた者の割合が51.2%と最も高く、以下、「家庭がなごやかになる」(42.5%)、「子どもたちが心豊かに育つ」(40.6%)、「防犯や留守番に役立つ」(28.1%),「育てることが楽しい」(24.7%)などの順となっている』

https://survey.gov-online.go.jp/h12/aigo/2-2.html (内閣府世論調査)


この内閣府の調査の「子どもが心豊かに育つ」と回答した方は、子育て世代の女性が多かったそうです。


世のお母さんたちは、子どもが犬と触れ合うことで良い影響がある!

と実感されているようですね(⌒▽⌒)



近くに犬がいると安心感が得られたり、心が落ち着くといわれています。


さらに、犬は愛情深く家族と接し、こちらの要求に応えてくれるだけでなく

子供が母親から離れて、冒険的なことをする際の保護役も担ってくれるのです。


子どもは犬を連れて歩くことで、自信が生まれて、困難を乗り越えることが出来ます。



一般に子供は、退屈、寂しい、不満の慰めを動物に求めるといわれています。

また、子供が不安を感じる場合には、心の支えを動物に強く求める傾向があるようです。


非行的な少年少女では、ペットに話かけたいという度合いが倍になり

寂しさや、退屈を感じる時にはペットを求めたがる度合いが3倍になるともいわれています。


あなたのお子さんが、犬や他のペットを欲しがるのは、単に可愛いからだけではないかもしれませんね。




犬は子どもの自己肯定感を高めてくれる




さて

子供がいる家庭で、犬を飼うことの大きな利点は、子どもの自己肯定感を高めてくれるという点です。


自己肯定感とは、『自らの価値や存在意義を肯定できる感情』のことです。



●自己肯定感の低い子どもたち


ちなみに、日本の子供・若者の自己肯定感は低く


令和元年版「子供・若者白書」で「自分自身に満足している」と答えたのは、日本は45%と他国(韓国と欧米5カ国)では、アメリカの87%をトップに、その他の国も軒並み7割超えで、日本がいかに低いかが分かります。


https://www8.cao.go.jp/youth/whitepaper/r01gaiyou/s0_1.html


そして日本の自己肯定感が低い理由として、このように結論付けています。


『日本の若者は、諸外国の若者と比べて、自身を肯定的に捉えている者の割合が低い傾向にあるが、日本の若者の自己肯定感の低さには自分が役に立たないと感じる自己有用感の低さが関わっていること』【令和元年版子供・若者白書】



要するに、多くの子どもたちが「自分は役に立たない存在なんだ」と思ってしまっているということですね。


自己肯定感が低いと

挑戦を避けて、失敗を恐れるようになったり、人目を気にして自分の意見を言えなくなったりします。



●子供であっても誰かの役に立ちたい


子どもであっても「誰かの役に立ちたい」というのは、人の本能的な欲求なのかもしれません。


弟や妹のいない子供の方が、犬と過ごす時間が長く、犬が兄弟の代わりになっている場合もあります。

下にきょうだいがいない子供の方が、犬と良く遊び、触れ合う時間も多いといいます。


ちなみにわたしは、3人兄弟の末っ子です。

きょうだいの中で一番犬の世話をしていましたねw


確かにわたし自身、子供の頃、犬の世話をすることで”誰かの役に立っている”と感じていました。


というのも、エサをあげたり散歩に連れて行ってあげることで、愛犬が喜んでくれるからです。


子供ながらに、犬の嬉しそうな顔を見るのは好きでしたね。


おそらく、犬が嬉しそうな顔を見せてくれることが「自分が必要とされている」と思える瞬間ではないでしょうか。




●犬は素直に喜ぶ

犬は、良いことをしてもらうと素直に喜びます。

そして、ちぎれんばかりに尾を振って、全身を使って嬉しさをア