「食事量それで本当にあってる?」問題行動は食事で予防できる


ときどき、とても痩せている子犬を連れて、わたしのところにしつけ相談に来られる方がいる。


あばら骨が手で触ってわかるぐらい痩せてる。


ゴリゴリ〜って具合にね






こういった子犬は、たいがい元気いっぱいで、

「元気すぎて飼い主さんが手を焼いている」から相談に来ているってことがほとんどなんだけど



食欲がないんちゃうか?というと、そうでもないらしい。



飼い主さん曰く「ご飯は毎回ガツガツとたべてるのに、全然太らない」と。


また「獣医さんに、診てもらったんですけどとくに異常はないですって言われました」


ということからも、病気でもないみたいやね。






じゃあ

なぜ痩せている?



答えは、十分に食事を与えてもらってないからなんだよね。



飼い主さんが、愛犬を可愛がっていないかというと、それは違う。

中には、毎日ワンちゃん日記をつけるぐらいに、熱心にお世話をされている方もいるんだよ。



じゃあ、なぜかというと、

ほとんどの場合、子犬を買ったペットショップやブリーダーから言われたことによるものなんだ。


子犬を買った際に「食事の量はこれぐらいで、一日3〜4回与えてくださいね。フードはこちらを使ってください」などと指導されるということだね。



あなたも、思い当たるふしはありませんか?

子犬買ったときに、言われた覚えはないかな?( ̄▽ ̄)



もちろん、子犬の食事は適当ではあかんから、売る側が指導するのも当然やと思う。


すべてのペットショップやブリーダーがそうだと言うわけではないが、聞いてる限りだと

一部のペットショップやブリーダーが指導する食事の量が少ないようです。



そして「一生懸命大切に育てよう!」っていう真面目で責任感のある飼い主さんほど、その食事量を守ってしまい


結果的に、子犬は痩せてしまうということだね。



ペットショップやブリーダーは意図的に食事の量を減らしているって可能性もあるよね。


「食事の量減らし意味あんの?」って思うかもしれないけど、大有り。




まずは、食事の量を少なくすると、栄養分が足りず成長が遅れる。

つまり「小さい体型を長いこと維持できる」ってこと。



「小さければ小さいほど売れる」のが日本のペット市場ってもんだから、食事を与えすぎてグングン成長してもらっては売れなくなって困る。



だから、なるべく成長を遅らせたい!そういう思惑があるらしいね。


最近、『豆柴』が流行ってるせいか、やたら小さくて痩せてる柴の子犬をよく見かけるのは、偶然ではないと思っている。




次は、子犬は食事を増やしすぎると下痢になりやすいってこと。


消化気管がまだ発達してないからね。

食べ物が体内に一度にたくさん送られると、消化不良になってまう。



「うちの子、おたくで買った後すぐ下痢になりました!」

などという、トラブルのもとになりかねん。



だから、食事の量は少な