【ポイントは3つ!】ドッグトレーニング上達法


犬に何かを教えるって難しいことだと思っていませんか?( ^∀^)


「ドッグトレーニングって難しいですよね・・なかなか上手に出来なくって」

と言われることがありますが、


犬に何かを教えるというのは、実はそこまで難しいことではありません。


幼稚園に通っている子供でも、ご高齢の方でも、

今回ご紹介する、【3つのコツ】さえ掴めれば、誰でも愛犬に様々な動きを教えることが出来ます♪



そのコツとは


  • 何をやらせたいのかはっきりさせること

  • 犬が正しい行動をしたらすぐにそれを知らせてあげること

  • やる気がないならしない


この3つです♪





まずは『犬に何をやらせたいのかはっきりさせる』です。


例えば「お座り」を教えるとしましょう。





あなたの頭の中には「犬がお座りしている」というイメージはちゃんとありますか?


というのも、犬のトレーニングでは、まずはそれをはっきりとイメージすることが大事になってきます。


お座り一つとっても、

犬にさせたいことが「お尻を地面につけることなのか?」「お座りの姿勢を1、2秒キープすることなのか?」など色々あります。


どちらを教えるにしろ、頭の中には正解の行動をはっきりとイメージしておく必要があります。


「えーっと今日は、どっちを教えようかな・・」と

あなたに迷いがあるとトレーニングはなかなかうまくいかないでしょう。


犬に何かを教える前には、

「こういう動きを教えたいから、犬がこうして、こうなったら褒めて、ご褒美をあげる」

と、ちゃんと頭の中でイメージトレーニングしてから、始めるようにしましょう♫





次は『犬が正しい行動をしたら”すぐに”それを知らせてあげること』です。


せっかくイメージ通りに、犬が行動してくれたのに「ボーッ・・」としていてはいけませんよ(笑)


必ず、「そう!」「いい子!!」「グッド!」など犬にわかりやすいように

褒めてあげましょう。


ご褒美に食べ物をあげる場合は、言葉で褒めた直後or同時ぐらいが良いでしょう。


「いい子!」(最初は無意味な聴覚刺激)➡︎ 食べ物ゲット(良いこと・報酬)を繰り返し関連づけてあげると「いい子!」だけで犬にとって報酬となります。


あなたがお座りを教えたくても

犬からしたら「飼い主は何をさせたいのか?何をしたらいいのか?」わからない状況です。


そのため、犬の行動に”マーク”をつけてあげる必要があります。


マークとは、犬があなたのイメージしてる行動を見せたら、すぐに「そう!それ!」と言ってあげることです。




最後は『やる気がないならしない』です。


愛犬がトレーニングをしたがらないなら「やらない」という選択も大事です。




わたしは昔、部活動でバスケットボールをしているとき、コーチから「やる気ないんやったら帰れ!!」とよく叱られたもんです(笑)


誰でも、やる気がない時はありますし、怒られたらもっとしょんぼりしますよね。


犬も同じです。

今はゆっくりしたいのに無理やり付き合わされ、さらに出来なかったら叱られる。


そんなことでは、トレーニングが嫌いになるだけです。



同様に、何十分も続けてトレーニングすることも良くありません。


真面目な飼い主さんほど、完璧にイメージした通りにできるまで頑張ってしまいます。

当然ながら、犬の集中力は疲れてさがってきますから、