【多頭飼い】吠えないようにする飼い方


多頭飼いのしつけ



犬と暮らし始めて、2、3年もするとある感情が芽生え始めます。


それは「もう1匹犬がいたら、楽しいだろうな・・」ということです。



いつかは多頭飼いしてみたい!

そう考えている方も多いのではないでしょうか。


犬が複数いると、人間にはあまり見せない、犬本来の行動を見ることができます。

犬たちが遊んでいる光景を間近で見られるのは、多頭飼いの魅力の一つですね。



一方で、

しつけにおいては、1頭目を飼った時とは勝手が違うので注意する必要があります。


それは、1頭目と違い、

新しく飼い始めた犬には「先住犬」という環境要因がプラスされているからです。


このことを考慮してしつけをしないと、いわゆる問題行動が増えやすくなります。





しばしば「1頭目のしつけができていれば、2頭目のしつけはかなり楽になる」とよく言われます。


『犬は群れで暮らす動物だから、2頭目以降は1頭目に習っていく』という解釈が元になっているのですが、実際はそんなに簡単なものではありません。


というのも、飼い主にとって良いことも悪いことも学習するからです。



例えば、先住犬が大人しくて、滅多なことでは吠えないような犬でも、新しく来た犬が吠えるようであれば、放っておけば2頭とも吠えるようになり、音量は2倍3倍になるでしょう。



■多頭飼いのための環境づくり


さて

あなたは、新たに子犬を迎え入れました。


2頭目の犬種は何を選んだのでしょうか。


その子は、先住犬と成犬時の体の大きさが極端に違わない犬種ですか?

年齢は極端に離れすぎていませんか?(先住犬が10歳超えていたら子犬は控えましょう)



そして、先住犬は他犬に対して攻撃性はありませんか?

これらの前提条件がすべて『YES』であるならば


さあ、多頭飼い生活がいよいよスタートです!




まずは、先住犬と新しく来た犬が良好な関係を築くために、お互いが快適に暮らせる環境づくりが大切です。



ケージやサークルは1頭につき1つずつ用意するのが基本になります。

単独で安心できる場所を作ってあげてください。



もし、先住犬が他犬に慣れていない子ならば

ケージやサークルは、最初は離れ場所に設置してあげた方が心が休まるでしょう。


毎日、一緒に生活しているうちに、新しい犬の存在にも自然と慣れていくはずです。




ただし、新しく来た犬を『先住犬を飼った時と同じような』環境におくのは、ベストとは言えません。



例えば

「先住犬が子犬の時はケージに入れてたし、新しく来た子犬もとりあえずケージで生活させるかぁ〜」という風になると


先住犬だけウロウロ出来て、新しく来た犬は狭いケージの中という具合になります。

そんな環境では、新しくきた犬はどう思うでしょう?



自由に歩き回る先住犬が刺激となり

「こっち来て!」とか「出して!」とアピールすることが増えて、結果的にそれが「吠えの学習」に繋がります。


こういった環境設定が吠える動機を生むことにもなり、後々苦労します。






とはいえ、子犬をずっとフリーにさせておくのは少々危険です。


なので、先住犬をフリーにさせる時には、新しく来た犬のために

他の部屋にもサークルやケージを設置して、その中で1人遊びができるような玩具(コングやノーズワークマットなど)を置いてあげましょう。




また


先住犬と新しく来た子犬を一つの部屋で一緒にさせる際は、以下のことに注意してください。


●子犬が先住犬をしつこく追いかけないようにする

●玩具や食べ物の取り合いが起きないようにする




子犬は、とても活発に活動します。これはどうしようもありません。


そのため先住犬に対して、噛み付いたり追いかけたりして遊ぼうと試みます。

一緒に遊んでくれているうちはいいのですが、それがいきすぎてしまうと、先住犬のストレスとなってしまうでしょう。


子犬に対して「遊ぶな!」と叱るのは理不尽なことです。

なので、いかにしてそのエネルギーを発散させてあげるかが大事になります。



先住犬に嫌がるそぶりがあれば、子犬が近寄れないようにサークルか別室に移動させてから

あなたが、子犬と遊んであげるようにしましょう。



さらに、玩具や食べ物の取り合いは、独占欲を強めてしまう恐れがあります。

独占欲が強まると、玩具や咥えている物を取ろうとした時に唸るようになりやすく

注意が必要です。


2頭一緒にさせている時は、玩具や犬用ガムなどは出しっぱなしにせず、しまうようにしましょう。



■まとめ


このように、多頭飼いを始めるときには

1頭目の時とは、違うことに注意する必要があります。


1頭目の犬のしつけが上手くいったとしても、新しくきた犬のしつけは上手くいかないことが多いのです。


それは、環境が大きく違うからです。


先住犬が子犬の時とは違い、新しくきた犬には「家の中に他の犬がいる」という環境が追加されています。


このことを、しっかりと考慮して環境設定を整えてあげましょう。




下記の記事では、先住犬を優先すべきかどうかについて、解説していますので

あわせて参考にしてみてください。

https://www.doghouse-yuu.com/post/先住犬は優先しなくても良



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


いつも読んで頂きありがとうございます!

【いいね】や【コメント】も頂けるとよりいっそう励みになります♫


他にも多数、犬に関しての記事を投稿していますので、もしよければ他の記事も覗いてみてください。(ひと記事は約3、4分で読み終えるぐらいにしています。)


あなたのドッグライフのお役に立てれば幸いです( ^∀^)


では!また!!


閲覧数:29回0件のコメント

最新記事

すべて表示