【子犬】「大人しいから」と比べてはいけない


「あの子、うちの子と違って大人しいわね・・・」



どうも!悠さんです!



あなたは、他の犬と自分の愛犬を比べることはあるでしょうか?


例えば、

あなたが、とてもアクティブな子犬を飼っていて、毎日ヒーヒーお世話をしているのに

同じ月齢なのにおとなしい子犬がいる。


「ああ〜羨ましい」


そんなことを一度でも思ったことはありませんか?






「ずばり!他の犬と比べるのは間違っています!」




確かに、犬にはみなそれぞれ個性がありますから、おとなしい子もいれば、よく吠える子もいます。



犬の性格には”先天的なもの”と”後天的なもの”があります



先天的なものは、親から受け継いだ特性。

後天的なものは、周りの人間の接し方や飼育環境によって変化します。



子犬であれば、まだ学習期間が短いので

後天的なものより、先天的な性格の方が、つよく出ていることでしょう。



性格なんてものは変わります。



今は大人しくても、今後、飼い方次第では、ストレスが増えて問題が多くなることも十分にありえます。


例えば、犬を叱ってばかりで教育していくと、反抗的な犬になりやすかったり

犬種にあった適切な運動量を確保してあげないと、家の中で物を破壊したりするようになったりしますね




あなたが、今

愛犬のお世話に苦労していることは、とても素晴らしいと思います。

(嫌味ではありませんよw)




それだけ、苦労し悩んでいるということは、犬についての勉強が必要になってきますよね。


「どうしたらこの行動をやめてくれるのか?」を考えるようになり、自分で本やネットで調べるようになるかもしれません。





ドッグトレーナーに相談することもあるでしょう。


とはいえ、問題を解決するための正解は見つけられないかもしれません。





ですが


苦労することで、愛犬のことをちゃんと理解しようとする姿勢が身に付く


これが、素晴らしいと思います⭐︎




愛犬にあまり苦労していない人は、実際にいます。


そういう人は「犬っておとなしいだな」

という価値観ができやすくなります。



そして、得手して

二頭目の犬を飼った際に苦労しています。


「あれ?前の子は全然大人しくて楽ちんだったのに、この子はどっかおかしいのかしら!?」


という具合にね。





今、あなたは周りのおとなしい犬を見て、

どこか羨ましいと思っているとして





結局、今おとなしいだけで将来的に