【子犬】過保護に育てた結果


■怖いから吠えてる






「うちの犬、外でちょっとでも物音がすると『キャンキャン!キャンキャン!!』とけたたましく吠えるので正直困っています・・・なんとかなりますかね?」


このようなことを、マンションで犬を飼っている方からよく質問されます。


確かに、マンションや集合住宅だと、犬の吠え声は周りの住人に迷惑をかけてしまいやすいでしょう。


そのうえ、夏場は窓を開けている方も多かったり、昨今は在宅ワークが増えたことで、なおさら気を遣うと思います。



ところで、なぜこの飼い主さんの愛犬は外で物音がするだけで、けたたましく吠えるのでしょうか?


縄張りを守ってる?


それとも


飼い主の関心を引きたい?



それもあるかもしれませんが、ほとんどの場合



「怖いから」です。



例えば、あなたも、静かな夜にベランダから物音がしたら、ビクッ!っとすると思います。

その際、あなたは多少なりとも恐怖を感じていることでしょう。


そこで、以下のような対応をして恐怖を無くそうとするでしょう。


「誰かいるの!?」と声をだす、

自らベランダまで確認しに行く、

怖すぎてジッとする、

「あなたちょっと見てきて!!」と夫に確認に行かせるなどですね。


あなたの恐怖に対する適応力や、その時の状況によって、対応は変わってくるでしょう。






■『怖がりやすさ』は個性のひとつ



恐怖は、動物の生命維持に関わるもっとも主要な感情のひとつであり

恐怖を感じるからこそ、動物は傷や身の危険から逃れることができます。



ですが、恐怖感受性(恐怖の刺激に対しての反応)には個体差があります。


先ほどの例のように、ベランダで物音がしても平気で寝てられる人もいれば、朝まで布団の中でうずくまって寝られない人もいるということです。



このように、個体差が生まれるのは、遺伝環境の相互作用のためと考えられており、

恐怖感受性が高い動物はそれが低い同種の動物に比べて、恐怖反応が過大になります。





■なぜ恐怖感受性が高くなるのか?



同じように外で物音がしても平気で寝ている犬もいれば

飛び起きてキャンキャンと吠える犬もいます。


後者の犬のようになってしまう背景には、幼少期に外界の刺激が少ない環境で飼育されていたということがあります。


例えば、2ヶ月ぐらいの子犬を飼い始めて、ワクチンプログラムの関係や子犬の安全を思って、”長期間”家の中だけで生活させてしまうと怖がりの犬になりやすいのです。

(長期間と曖昧に書いたのは、恐怖の感じ方に個体差があるからです)



「こういった子犬は、成長すると怖がりでなくなるのか?」というと

残念ながら、そうではありません。



「未知」の出来事に対してより激しく反応する傾向にあります。



その犬にとって「未知」の出来事の後に起こる環境の変化に適応することや

新たな知識を学習することが難しいのです。



つまり、今まで見たこともない物、聞いたことがない音などに対して、

過剰に怖がり「それが安全である」とか「自分には関係がないことだ」

と学習できない状態になるのです。