【犬育て】アメとムチはもう古い!?

犬育ての基本はアメとアメなし

犬育てのアドバイスをさせて頂く際

わたしが、よく言うのが

『イヌを叱ったり怒る必要なんてありませんよ』です

こう言うと、わりと多くの飼い主さんに、怪訝な顔をされ

「やっぱり、叱ることは必要だと思うですけど…」と言われてしまいますw


まぁ、


実をいうと、わたしもよくイヌを叱っていました。

ドッグトレーナー歴が浅い時は(今も浅いけどw)

基本、叱ったり怒ったりして、なんとかイヌの行動を変えようとしていました。

でも、うまくいくのは最初だけ。


だんだんと効果がなくなってくるんです。

人で例えると

スピード違反で捕まったら、しばらくは法定速度を守るけど、またすぐスピード違反で捕まるって感じ。

罰の機能は一時的なんですよ。

でも、一時的に一瞬で効果がでるから、中毒みたいになって、みんな罰を使いたがるんです。

だから、イヌを叱ったり怒ったりして行動を変えようとするんですね。

でも、正直疲れませんか?


わたしは、よく疲れていました。

「あ〜もう!わからん!」って自暴自棄にもなってました。

一度罰を使いだすと、上手くいかない時に、もっと罰を強くしなきゃ!となるからです。


人の子どもの場合

叱られて育ったこどもは、人を信用できなくなり、自信を失いやすくなるといいます。


さらには、叱られ続けて育つと、優しくされることに居心地の悪さを覚えるため


無意識に叱られる行動をとるようになり、負のループに陥ってしまうこともあるようです。


この現象は、イヌにも起こり得ます。



こちらも参考にしてください⬇️

https://www.doghouse-yuu.com/post/なぜ、あえて『叱られること』を繰り返すイヌがいるのか?



かといって

なにしても、叱らずにだまって許したら良いのか?

というと

それは、違います。


叱ることで、イヌの行動を変えようとするのではなく、報酬を与えないことで、行動を変えるべきなのです。

つまり

"アメとムチ"

ではなくて

"アメとアメなし"

という接し方が大事になってきます






イヌが良い行動をみせたら、ご褒美をあげて

その行動頻度を増やしていき

逆に

してほしくない行動をした時は、その行動の報酬が何なのかを考え(←これ大事)

それを発生させないようにする。

もちろん、この方法で全ての行動がよくなるわけではありません。


行動の初期であれば、比較的上手くいきますが

長年学習された行動に対しては、この方法だけでは難しいでしょう。


とはいえ

基本的には、イヌのしつけに関しては

この【アメとアメなし】で良いと、わたしは思っています。

そして、意外と人にも使えますよ

例えば、

ご飯の用意ができて、子どもを呼んでいるのに、なかなか食卓テーブルにつかない。ずっとゲームしてる。


そんな時に

「ご飯できたって言ってるでしょ!ゲームやめなさい!」と叱るよりも

放っておいて

冷めたご飯を食べてもらったら良いのです

お母さん的には、せっかく作ったご飯が冷めてしまうのは心苦しいと思います。

ですが、これを数回繰り返すことで

一回「ご飯できたよー」と言うだけで、すばやく

テーブルに着くようになるでしょう

ぜひ『アメとアメなし』をマスターして

叱らずに相手の行動を変えてみましょう



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


いつも読んで頂きありがとうございます!

【いいね】や【コメント】も頂けるとよりいっそう励みになります♫


他にも多数、犬に関しての記事を投稿していますので、もしよければ他の記事も覗いてみてください。(ひと記事は約3、4分で読み終えるぐらいにしています。)


あなたのドッグライフのお役に立てれば幸いです( ^∀^)


では!また!!

閲覧数:17回0件のコメント