イヌを飼うと苦労する飼い主の性格〜3選〜


わたしは仕事柄、たくさんの飼い主&ワンちゃんのペアと接します。


そして、しつけ相談や出張トレーニングをした際に、『イヌとの暮らしに苦労されている』飼い主さんの『性格』には、ある共通点があることがわかりました。



今回は、最も多かった3つをご紹介します。


あなたも、このうちのどれか一つでも当てはまっているでしょうか?(°▽°)





①神経質

*神経質は多様なタイプがありますが、ここでは一般的に使用される『些細なことを気にする性格』をさします。


神経質には良い面と悪い面がありますが、イヌとの暮らしにおいてはあまり良いとは言えないでしょう。




例えば、

以前「イヌ は前を歩かせない方がいいよ」と知人に言われて、それから散歩のときには、前を歩かせないように努力されている飼い主さんがいました。


イヌが前に出るたびに、リードでショックを与える方法をされており、イヌはストレスシグナルを頻繁に見せていました。



「ちゃんとしつけをしないといけない」

そういった使命感や責任感があり、なんでも完璧にこなそうとしてしまう人ほど、イヌに対して無理強いをする傾向にあります。



イヌは生き物ですので、当然いうことを素直になんでも実行しません。

完璧を求めると、いうことを聞かないイヌに対してイライラしやすくなってきます。



きっちりやろうとする姿勢は、物事を成し遂げるためには大切の要素なのですが

イヌとの暮らしにおいては、相手(つまりイヌ)に負担となっている可能性があります。



神経質があまり行き過ぎると、

ストレスが増える(イヌ)⇨問題行動(吠える・唸る)が起こる⇨イライラが増す(飼主)⇨ストレスが増える(イヌ)⇨問題行動(吠える・噛む)が起こる⇨イライラが増す(飼い主)


という悪循環に陥ります。



イヌとの生活には、お互いのためにも、ある程度の妥協「まぁこんなもんだよね」が必要です。






②心配性


日本人は心配性な方が遺伝的に多いと言われています。

そういう方がイヌと暮らすと苦労します。



イヌは、人には理解できないような行動を本能的にします。


例えば、ウンチを食べる(糞食)・草や砂利を食べる・車を追いかけるなどです。


そして、彼らは「なぜそれをするのか?」を自ら喋ってはくれません。

理由を言ってくれたら、安心するのにね・・・。


なので余計に心配になりますよね。



心配性は人間の本能の一つです。心配すること自体は正常な心理ですし、心配するからこそ未然に危険はを避けることもできるでしょう。


ですが、度合いがすぎると心身ともに疲弊してしまいます。

もちろん、愛犬もストレスが多くなり、それによって問題行動を引き起こします。


すると、新たに起こった行動さえも心配になってしまい、またストレスを抱えます。


これもまた、心配の悪循環に陥ってしまいます。



『心配』というのは『わからない』からするのです。

なので、イヌの勉強をして知識を増やしていくか、詳しい人に早めに相談する方が良いでしょう!




③綺麗好き

散歩から帰ってきたときに、イヌの足をキレイにする人は多いとおもいますが、その中でも過剰にキレイにする方がいます。




例えば、散歩のあとは毎回、風呂桶にお湯を貼ってそこにイヌ の足をつけて、タオルで拭く。肉球の間も念入りにふく。


そういう飼い主さんもいます。

イヌにとって『足をタオルで拭かれること』も『風呂桶に足をつけられること』も不自然な行為です。



イヌ の足をキレイにしないと、部屋が汚れてしまうのはわかります。

ですが、部屋が汚くなることを嫌がって、イヌが嫌がることを続けてしまうとどうなるでしょうか?


続けていると、だんだんイヌは抵抗(噛んだり、暴れたり)するようになります。