ハウツーに頼り過ぎないようにしましょう

『子犬に甘噛みされたら、〇〇しましょう!

じゃないと将来、人を噛む犬になりますよ』


どうも、こんにちは! 悠さんです

初めて犬を飼った人が、甘噛みに困っていたので、ネットで調べてみたところ

このような内容の記事を目にするかと思います。

不安を煽られる記事を読んでしまって、

「急いでなんとかしなきゃ!」と

甘噛みをやめさせるハウツーに取り組みます。


甘噛みをやめさせる方法として

よく言われているのが

⚫︎噛まれたら「痛い!」と大きな声を出して、ビックリさせましょう。噛むとビックリする経験をするので噛まなくなります。


⚫︎子犬は噛んで遊びに誘っているので「無視」しましょう。相手をしてもらないと理解すると子犬は噛むのを辞めます。


⚫︎噛んできたら、他の部屋に行って姿を消しましょう。子犬は噛んだら飼い主がいなくなると思うので噛まなくなります。

といった方法がよくとられています。



はっきりいって

どの方法も…

上手くいきます

一貫して、家族みんなが同じ対応をしたら

おそらく甘噛みをしなくなるから、安心してください

ただ、こういった時に私が気になるのは

甘噛みをやめさせる「方法」にフォーカスされすぎていて、犬に対する「接し方」の方はどうなんだ?ということです。


例えば:

犬に対して、あなたの触り方は激し過ぎるんじゃないですか?


可愛すぎて暇さえあればベタベタと触っているのではないですか?


携帯ばかりいじって、全然相手にしてないのでは? 

こんなとこを思いつきます


甘噛みをやめさせるハウツー情報ばかりが溢れていて、犬の身になって考えるということを疎かにしてしまいがちかなと思います。

相手は生き物です。

全ての犬に心があり、感じ方も違います。

ハウツーはあくまで参考程度にね。

大事なのは、今目の前にいるあなたの愛犬を、じっくり観察してあげること。

そして、自分自身が犬に対して、どのように接しているかを意識すること。


これに、尽きると思います

2回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示