ヒトより熱心!?イヌの飼主トレーニング



イヌをトレーニングしているようで、イヌにトレーニングされている



イヌは、人間と共生している数少ない貴重な動物だ。


当たり前のように街中を歩いているし、見かけない日はないといっても過言ではないね。



彼らは、私たちの身近にいる他のどの動物たちとも違う。

とても社交的で、人間の動きや感情を敏感に察知して、人間の視線や関心を向けさせるのに工夫を凝らす。


こんな事をするのは、イヌだけで、同じ犬科のオオカミやチンパンジーですらしないのだ。


わたしたちは、そんな彼らと日々暮らしている。




「ドッグトレーニング」って言葉があるように、私たちがより暮らしやすいように、世間に迷惑をかけないようにと、彼らを様々な方法でトレーニングしています。



イヌは賢い動物だから、「お座り」や「お手」などは、おそらく誰でも教えられるし

長年連れ添っていると、イヌは先回りして行動するようにもなる。



例えば、リードを持っただけで、イヌは玄関まで走っていき「これから散歩が始まる!」と期待の眼差しをこちらに向けてくる。(そんなことされたら散歩に行くしかないw)


「そんなに嬉しいのかw可愛い奴め〜」と意思疎通できたように感じて嬉しくなる。



毎日、ご飯の時間が近づいてくると、

「ご飯くれ〜!(ワンワン!)」と催促するイヌもいるね。


「ねぇあなた〜、マルちゃんがご飯欲しいって言ってるからあげといて〜」

「そーなのか!?わかったあげとくよ♫」


こんな夫婦の会話が聞こえてきそうですね( ̄▽ ̄)




あれ?


でも、どうしてこの時の「ワンワン!」が「ご飯を欲しがっている」とわかるんだ???


飼い主さんは、この「ワンワン」が「ご飯」を意味しているということを、いったい誰に教わったんだ??




それは


もちろん「イヌ」が教えてくれたわけですよ。


「ご飯やぞ!」ってね♫



飼い主さんが、イヌに「お座りっていうと座るようにトレーニングした」のと同じようにね、イヌも「ワンワン!」って言うことで、飼い主さんが「ご飯を用意するようにトレーニング」したんだよね。


イヌからしたら、トレーニングって言い方が正しいかどうか微妙やけど


とはいえ、散歩のシーンでものご飯のシーンでも

飼い主の行動が変えられてることは明らかやねw



何げない日常のやりとりでも、こういったシーンは多々あるでしょう。



イヌの問題行動っていうのはね

おそらく「イヌが飼い主をトレーニングしすぎた」ってことちゃうかな。


というか、イヌが飼い主をトレーニングする時に使用する方法が問題。


つまり、噛む、唸る、吠える、飛びつくなどを駆使して、こちらの行動を変えようとしてくるって事。


私たちは、オヤツやおもちゃを使ってトレーニングできるけど

イヌは、そんなこと知らんw



持って生まれた行動レパートリーで、なんとかするしかない。



それなら、飼い主の方が先にイヌに「お座り」を教えといてさ

「お座りすること」が飼い主のご褒美になるように思わせとく。


そうしたら、イヌが飼い主をトレーニングする時に、噛むとか吠えるを使うんじゃなくて

「お座りする」っていう方法をしてくれるようになると思うよ。



イヌはロボットじゃないし奴隷でもない。


あなたが、イヌに変えて欲しい行動があるように