信頼貯金を貯めよう

🐾生まれつきに人に慣れた動物などいない




子犬にしても子猫にしても、ヤギやウシなど他の家畜化された種の子供にしても、

生まれつき人に慣れた動物はいません。


犬は、私たちにとって最も身近な動物です。

たとえ飼っていない人でも、散歩中の犬を見かけることはあるでしょう。

しかし、あまりにも身近な動物すぎて、犬は生まれつき人間が好きだと思っていないでしょうか?



外で見かける、飼い主と楽しそうに歩く犬たち。

ネット動画やテレビでおもしろ映像として映る犬たち。


彼らの表情は、あきらかに人間との関係を楽しんでいるように見えます。

犬が私たち人間と”このような”関係になれるのは、脳の構造が進化したからです。



ダーウィンによると『進化』は

『他の個体よりもうまく生き延びられたものが次の世代をたくさん作ることで、同じ特徴を持つ子孫が増え、種全体が変化する』というものです。


要するに

人懐っこい個体の方がより人間に好まれる。

そのような個体ばかりを選び、繁殖することで、人間に対して警戒心の低い個体が次世代に生まれるというわけである。



しかし、進化だけで人懐っこい犬を完全に作れるわけではありません。

犬の行動と心をかたちづくるのは、遺伝だけではないからです。

成長の過程で経験したことを通じて、独自の行動を身につけていきます。

人懐っこさは、それぞれが生きていく中で身につけなければ得られない性質といえます。



たとえどんなに可愛い仔犬でも、生後すぐに人間に接する機会がないまま育てば、野生動物のようになります。プードルでもパグでも(人間の援助なくして生きていくのは難しいとは思いますが・・・)人間と接する機会がないまま成長すると、近づくことすら難しくなるのです。



🐾犬と一緒に暮らせる奇跡


家に帰宅した時の、犬の喜んだ顔。

人にピッタリとより寄って眠る様子。

ソファでくつろぐ犬。


犬を飼っている人には、ごく当たり前の日常の光景です。

ですが、よく考えると不思議だとは思いませんか?



彼らには牙があり、噛む力も強力です。

しかし、一緒に暮らしている人間に対して、本気で牙を使ってくることは滅多にありません。(軽く噛まれることはありますが・・)

もしも何かあるたびに、犬が噛みついてくるとしたら、もう一緒には暮らせないでしょう。



なぜ、犬は理不尽なことがあっても噛まないのでしょうか?


しつけと言って、犬のお尻を叩く飼い主さんをたまに見かけますが

犬はそれを抵抗しません。もちろん、中には抵抗して噛む犬もいるでしょう。



犬が本気になれば、おそらくほとんどの人は、追いかけてくる小型犬からも逃げることはできませんし、大型犬と素手で戦うこともできません。

それだけ人間は身体的に犬に劣っています。



にも関わらず、私たちは犬と一緒に暮らしています。

それは、犬が人に慣れているから?


いいえ、子犬の時から人間に接してきたからです。

そして、たくさんのいい経験をしてきたからです。



言うなれば、犬の「信頼貯金」が貯まっているから。

それがあるから、犬は本気で牙を使わないのです。




🐾信頼貯金の増やし方


犬の信頼貯金を増やすことは難しくありません。


犬に何か教えるときは、トリーツをあげる。

犬が選択できる環境を作ってあげる。

犬をかまいすぎない。

安全を確認するための時間をあげる・・・



逆に、このようなことをすると信頼貯金は減っていきます。


犬を威圧、暴力で従わせる。

犬を急かす。

ペナルティを与える。

飼い主の願望を押し付ける・・・



日本人は、お金の貯金をすることが大好きだと言われています。

では、犬の信頼貯金を増やすことを意識してみるのはどうでしょうか。



==================================


いつも読んで頂きありがとうございます!

【いいね】や【コメント】も頂けるとよりいっそう励みになります♫


他にも多数、犬に関しての記事を投稿していますので、もしよければ他の記事も覗いてみてください。(ひと記事は約3、4分で読み終えるぐらいにしています。)


あなたのドッグライフのお役に立てれば幸いです( ^∀^)


では!また!!



















閲覧数:15回0件のコメント

最新記事

すべて表示