吠えやすくなる子犬の特徴〜3選〜


こんな「性格」や「飼い方」の特徴があったら要注意!

【将来、あなたの愛犬が吠えやすくなる可能性大】なこと


犬の問題行動とされるもので、最も多いのが「過剰な吠え声」です。

「犬は吠える動物」ということは誰しも理解していても、やはりご近所に迷惑がかかることがあります。


あなたは犬が大好きで「別に吠え声なんか気にしないわ」と思っていても、

隣近所の人は、犬の吠え声で、寝てるところを起こされたり、うるさくて窓が開けられないと思っているかもしれません。



そういう近所からの苦情もあってか、わたしの元にも相談に来られる飼い主さんがいらっしゃいます。


もし、飼い始めた犬がすごく吠えるようになってしまったら、改善するにはそれなりに苦労と時間を要します。


もしかしたら、一生付き合っていかなければならないこともあるでしょう。



さて、

そうならないためにも、あらかじめ子犬の時から”吠えやすくなりそうだな”と分かれば、予防できると思いませんか?



そこで、吠えぐせに困っている飼い主さんのカウンセリングをした際に


『すごく吠えて、家族やご近所さんを困らせてしまうような犬』には、

子犬の頃から【性格】や【生活環境】に、ある共通した特徴が見られました。

今回『もっとも多い3つ』をご紹介しようと思います。

(学術論文があるわけではなく、あくまでわたしの経験と飼い主さんのお話を元にしています。国や地域が違えば変わるかもしれません。)




①臆病な性格


1つ目は「臆病な性格」です。


子犬の時からすでに臆病だと、将来すごく吠える可能性が高くなります。

ちなみに臆病とは【ちょっとしたことにも怖がったりしりごみしたりすること、あるいはその様子】です。


犬に限らず幼い個体というのは、基本的に好奇心が旺盛です。


例えば、子犬は新しいものを見つけると、多少の恐怖心はあっても好奇心がまさっているため、それを調べたりするものです。

結果「これは安全なものだ」「これは要注意だな」と理解することができます。


一方で、臆病な性格だと自ら行動しようとせずに、ジッとうずくまるか早々に逃げてしまいます。

これだと、この犬は何も学ぶことできません。


そのまま成長すると、どうなるかというと・・・


些細な刺激にも過敏になり、吠えるようになるでしょう。



家の外で少し物音がしただけでも「キャンキャン!キャンキャン!」とはげしく警戒吠えをするようになります。


なぜかというと、外の世界は危険に満ちていると”思い込んでいる”からです。

そのため、家の中という安全な空間から、とりあえず吠えて威嚇しているのです。


いわゆる内弁慶のような性格になります。


もしも、生後2、3ヶ月で

例えば少しの物音でも、オシッコをチビってしまうぐらい怖がるような子犬や

他の犬を見ただけで飛んで逃げるような子犬は、要注意です。



【予防方法】

➡︎生後4〜5ヶ月までの社会化が欠かせません。

「ワクチンの予防接種が終わってから」と悠長なことではとても間に合いません。


また、社会化のためにいろいろ経験させる際にも注意が必要です。


元々怖がりな性格な子犬は、”慎重”に経験をさせてあげないと、一度”怖い”と思ったらリカバリーが難しくなるからです。





②先住犬がいる


2つ目は「先住犬がいる」です。


吠えぐせがひどい犬は、8割がた先住犬がいます。

もし今後「二頭目を飼おうかな」とお考えのかたはもう一度よく考えてみてください。



「今飼ってる子が、とても大人しいから」と言って、2頭目も大丈夫かというと、

残念ですが一概にそうとはいえません。