top of page

犬の仕事はこれにつきる

お留守番


こんにちは!悠さんです!!

コロナの影響で、多くの方が家にいること余儀なくされたと思います。


それにともなって、、新しく犬を飼い始めた方も多いことでしょう。



しかし

いよいよ、仕事を本格的に開始される方が増えてきたようで

私の方には、愛犬の留守番についての相談が、徐々に増えてきました



『今までは、誰かが家にいたけど、これから平日は、ほとんど一匹でお留守番させなければいけなくなる

でも、子犬の時から飼い始めて

今まで一匹でお留守番させたことがないから心配です…



あなたも、そんな不安を抱えていませんか?





「分離不安」


こういう言葉聞いたことがあるかと思います。


飼い主と離れることで、精神的に不安定になり、愛犬はその不安から逃れるため、人間にとってさまざまな問題を引き起こします。


例えば

何時間も吠え続けたり、家中の家具を破壊したり、家中で粗相をしまくるといった具合です。



何かしないと落ち着かないのです





お留守番って犬にとって不自然



イヌは社会性動物ですので、他者との交流は精神を安定させるために必要不可欠であり、逆にひとりぼっちは苦手です。



そもそも、お留守番という状況下は

犬にとって不自然であり、犬の生態と矛盾しています。




ですが、

現代人の社会で飼われているいじょう

飼い主が、仕事や学校に行くことは必要ですから、お留守番という状況は避けて通れません。



お留守番は、不自然と言いましたが

その状況に慣れてもらうことはできます




では、

慣れてもらうためには、どうしたら良いでしょうか?



難しいトレーニングは必要ありません



シンプルに

ただ、お留守番させるだけでいいのです






大事なのは、犬の留守番に対する考え方



例えば

あなたが、「あ〜うちの子1匹でお留守番させてきたけど大丈夫かしら?」


と不安な気持ちでお留守番させてしまうことはよくありません




そうすると、帰ってきた時に

「ごめんねぇ〜寂しかったよね」と同情の気持ちがうまれます。




ただでさえ、留守番は慣れてない犬にとって不安な状況なのに、

あなたの態度は、留守番が"危険な状況"なんだと教えているかんじです




そうではなく


「じゃあ!留守番よろしくね〜、家を守っておくんだよー」





という具合に

愛犬に「家を守る仕事を与える」ぐらいのニュアンスで出かけましょう



そうすると

帰宅した時、「ただいま!今日もお仕事してくれて、ありがとうね」と、愛犬に感謝の気持ちで接することができると思いませんか?



あなたの感情は、犬の心にも強く影響をもたらします。



「うちの子落ち着いてお留守番ができないの…」と思われている、あなた!



もしかしたら…

あなたの方が、犬と離れることに不安になっているからかもしれませんよ?

閲覧数:6回0件のコメント

コメント


bottom of page