簡単!小学生でもできる、甘噛み対処方法


対象犬 3カ月 プードル 雌 ペットショップ出身


当初問題行動 人の手にたいしての甘噛み



このプードル(仮にハナちゃん)は、いたって健康な子犬である。

しかし、活発であるため家の中に放すと元気に走り回り、手当たり次第に噛みつくということである。


家庭環境は、一家建てに住む4人家族(父、母、小学生の子供1人、幼稚園生の子供1人)である。


ハナちゃんは、すべての家族に対して甘噛みをする。子犬の歯は細くて鋭いため噛まれると痛い。

なので、母親は「幼い子供たちが怖がってしまって困っている」ということで相談をうけた。



ハナちゃんの甘噛みは、正常な行動である。

それに対して家族がとっていた行動は、“手を噛みつかれたらマズルをギュッと掴む”という方法であった。

しかし、噛みつきはいっこうに収まらず、むしろ“ヒットアンドアウェイ“のように、ちょっと噛んではすぐに逃げるという行動に発展してしまった。

要するに、ハナちゃんは「近づくとマズルを掴まれるからいやだ」と考えるようになったのである。



そこで飼い主に対して、2つアドバイスをおこなった。


1、コング(食べ物をなかに詰められるゴム製のおもちゃ)を使用する


2、遊び方を変える。





① まずコングにふやかしたフードを詰めて準備をする。つぎにコングを手に持ち、床に座る。ハナちゃんが側に来るのを待つ。食べ物が好きであれば寄ってくる。その後、コングは膝の上置くようにして持ち、コングに詰めたフードを食べさせる。


それをしばらく繰り返す。ハナちゃんが抵抗なく膝の上にのってくるようになれば、コングに詰めたフードを食べている隙に“優しく撫でる”。

「人に触られること」と「フードを食べること(良いこと)」を結びつけ、触られることが好きになるために実施した。


これをすべての家族が行う。






② ハナちゃんは子供たちと追いかけっこをして遊んでいた。


子供は噛まれるのがいやなので逃げていただけであるが、ハナちゃんにとっては楽しい遊びとなっていた。

家の中での追いかけっこは、イヌを興奮させ過ぎるだけでなく、走り回る習慣も身につくので良くない。


そのため、長い紐のさきにおもちゃを取り付けた道具で遊ぶことにした。手と犬の口とが離れて遊べるように工夫することで、お互いが安全に楽しく遊ぶことができるようになった。



結果:甘噛みは2週間ほどでおさまった。


大きな要因はすべての家族が2つのアドバイスを熱心に実行してくれたことにある。

母親曰く「膝の上でフードを詰めたコングを持って子犬に食べさせる方法は、子供でも簡単にできた。テレビを観ながらしていました」ということである。


続けてもらうことで、膝の上で寝るようにもなり、以前よりもずっとおとなしくなっていた。

人の手に甘噛みをしなくなっので、子供たちはハナちゃんを怖がらなくなった。



補足:

甘噛みにたいして、「マズルを掴む」という方法には、意味がない。

むしろ悪影響を生み出すだけである。


しかし、この方法が広く蔓延している背景には、成功事例があるからである。


実際に「マズルを掴む」ことで噛みつきがなくなったという話は聞くが、そもそも大人しい犬であった可能性が高く、他の方法でも上手くいったと考えられる。


マズルを掴むことで、犬に“人の手は嫌なもの”だと認識されてしまうことを考えれば、やはりマズルは掴むべきではない。




8回の閲覧

所在地

 〒666-0111 兵庫県川西市大和東3丁目3-3

電話 072-703-5243

mail   l-kane5@outlook.jp

営業時間 9:00~19:00

お電話受付時間 8:00~20:00

定休日  ​不定休

代表 兼古悠揮 Yuki Kaneko

DBCA認定ドッグビヘイビアリスト 

JKC公認訓練士

     ペット介護士

        

第一種動物取扱業 

訓練 第1614434

保管 第1612433

登録年月日   平成29年1月16日

有効期限の末日 平成34年1月15日