飼い主の選択が愛犬の選択を変える


🐾愛犬の選択肢を増やしてあげる


いつ寝るか?何を食べるか?誰に会うか?など、私たちは普段、様々な選択をしています。


そして、もちろんあなたの愛犬も同じです。

どこで寝ようかな?何を嗅ごうかな?他犬に近づこうかな?など、たくさんの選択をしています。


しかし、人間に管理されている動物は、選択の自由がどうしても少なくなってしまいます。


例えば、寝場所です。

犬用ベットとトイレトレーだけのサークルないで留守番をしている犬には、寝床の選択の自由が少なく、実は我慢しているかもしれません。


暑ければ、涼しい場所に自ら移動する。

寒ければ、布団に潜り込む。

地面より高いところで寝るのが好きな犬もいれば、窓際が好きな犬もいる。


暑いも寒いも犬の感じ方次第であり、どこを好むかも犬次第です。

それを、人間がはっきりと理解することは難しいのです。


つまり、犬が快適に暮らせるためには、可能な限り犬が選択し、行動し

結果を獲得できるようにしてあげる必要があります。




🐾他犬に吠える犬は、選択肢がなかったから


例えば、散歩中に他の犬をみると吠えてしまう犬がいます。

しかし、彼らは最初から吠えていたわけではありません。


「吠える選択肢以外ない」と飼い主さんが誤解させてしまったのです。


相手に対して吠えたり、攻撃したりする場合は

当然ながら反撃されるリスクがあります。


犬にとって怪我をすることは、致命的です。

なぜなら『病院』という概念がそもそもないからですね。


「怪我をしても治してもらえるから大丈夫」そんなことを犬は考えないでしょう。

それでも吠えるということは、それだけ切羽詰まっているとも考えられます。


その原因をつくってしまうのが、飼い主さんの勘違いなのです。

それによって愛犬の選択肢を狭めてしまい、吠えてしまうことがあります。




🐾飼い主の選択が愛犬の選択を変える


散歩中に、他の犬に会うと「動かずじっとする」「その場を離れる」「相手に近づく」という選択肢が生まれます。


これは、飼い主と犬がそれぞれ選択できることです。



例えば、あなたの愛犬が他の犬を見て、じっとしていたとしましょう。


あなたはこう考えるかもしれません。

「あなた:うちの子、相手の犬をじっと見てるわね。挨拶させてあげようかしら」


一方で犬はこう考えているかもしれません。

「犬:なにだろあいつ?大丈夫か?なにするかわからんから様子見するか・・・」



さて、この後に飼い主さんが『他犬に近づける』という選択をしてしまうとどうなるか?


犬は「まってまって!やめて!まだ近づきたくない、なに考えてんだよ!」となり、リードがついているのでその状況から逃げられません。






そして・・・


「くそ!こうなったら吠えて相手を追い払うしかない!」


となるわけです。


飼い主は挨拶したいのだと思っていたので動揺します。

気持ちが乱れるとそれを鎮めようとして、愛犬にたいして「こら!なに吠えんの!!」と叱ってしまうかもしれませんね。


こうなってしまったら、もう最悪です。


犬は無理やり近づけさせられ「様子をみる時間もなく」「離れることもできず」

最後の手段として吠えたのに、それによって飼い主が不機嫌になる。


結果

他の犬の存在(刺激) ➡︎ 飼い主に怒られる(嫌悪刺激)を繰り返されることで

なんでもなかった他犬という刺激が、避けるべき刺激へと変わってしまうのです。


そして

【他の犬の存在(嫌悪刺激) ➡︎ 吠える ➡︎ 他犬がいなくなる(嫌悪刺激の排除)】

となっていく仕組みです。


そしてその都度、あなたが叱ると、

愛犬は「もっと強く吠えなきゃ」「もっと警戒しなきゃ」と間違えた選択をし続けることになります。



🐾必要なのは、あなたのより良い選択


愛犬が他の犬を見ているからといって、なにを考えているのは誰にも分かりません。


であるならば、愛犬の動きを観察し、それに合わせてあげることが必要なのではないでしょか。


これは両方の飼い主にも言えることですが


愛犬が少しでも離れるそぶりを見せたら、それに答えてあげましょう。

無理に近づける必要はありません。



そうやって、気持ちを汲んでくれる飼い主を犬は信頼します。


距離を取るのが難しければ、トリーツを使って気をそらしてあげても全然OKです。


子犬の頃から、愛犬の選択を尊重して接してあげることで

望ましくない行動を未然に防げるようになるでしょう。



==================================


いつも読んで頂きありがとうございます!

【いいね】や【コメント】も頂けるとよりいっそう励みになります♫


他にも多数、犬に関しての記事を投稿していますので、もしよければ他の記事も覗いてみてください。(ひと記事は約3、4分で読み終えるぐらいにしています。)


あなたのドッグライフのお役に立てれば幸いです( ^∀^)


では!また!!








閲覧数:31回0件のコメント