top of page

訓練競技会に出場してきました


どうも!こんばんは!悠さんです(^o^)

先日、OPDES(犬の総合教育社会化推進機構)主催のオビディエンス競技会にいってきました

店を閉めて行かなければならなかったので、ご迷惑をおかけした事と思います(^_^;)

競技会の内容は

紐無し脚側行進、脚側行進中の座れ、脚側行進中の伏せ、休止です

科目は少ないですが、想像以上に難しいです(-_-)

というのも、その競技会場でいつも練習しているわけではないですし

犬と関係の無い一般の人もたくさんいます。

もちろん、みなさんが競技している所の近くでも、サッカーや野球をしていたり、大声で子供が走り回ったり、自転車でさっそうと走ったり(笑)

犬にはとても集中できる状態ではありませんね

休止(伏せて待つ)している犬に、競技をしていると知らない他の飼い主さんが、自分の犬を近づけてしまって、休止中の犬が走り回ってしまう・・・

ということも珍しくないです(^_^;)

ちなみに、私の結果は・・

優勝できました(^o^)♪

ルークは昼からの出番で暑かったでしょうが、がんばってくれました(*^_^*)

競技中に、アクシデントもなく、一番不安だった、ちかくでボール遊びをしている子供もいなかったので、運要素もかなりありました(>_<)

行進中の座れで

座ってから、指導手が離れると犬が

キョロキョロするので、

前回の競技会で減点されていました

しかし、今回は練習のかいあって、上手くいきました!!(^^)/

しかし、スワレの練習ばかりしていると、今度は伏せが遅くなるなど

課題も山積みです(>_<)

閲覧数:47回0件のコメント

最新記事

すべて表示

厳しすぎるしつけは攻撃性を上げる

犬が攻撃的になるのはいろんな要因がありますが、 一つ言えるのは、飼い主を見下しているからでも、 自分がリーダーになってやろうという考えでもないという事です。 昔ながらの犬のしつけでは、 犬に舐められないように接しなさいだとか、 犬のリーダーになれだの言われてきましたが、 それは海外では何十年も前に否定されています。 『アプライド・アニマル・ビヘイビア・サイエンス』に掲載されたアンケート調査では、嫌

bottom of page