『危険なドッグラン』への安全な入り方


ドッグラン


高速道路のサービスエリア、公園内、犬と一緒に泊まれる施設など

多くの場所にドッグランがあり、利用している方も多いことでしょう。


ドッグランは、犬がノーリードで元気に走る姿や、他の犬と楽しそうに遊ぶ姿を見られて、

楽しい空間ですよね。


外ではリードをつけられ行動が制限されていることが多い犬たちにとって、

リフレッシュさせてあげることができます。


「えー!うちの犬こんなに走るの速かったの!?w」と新たな発見もあることでしょう!


ドッグランで走り疲れて、満足そうに寝ている愛犬の姿を見て、幸せな気持ちになる飼い主さんも多いと思います。



しかし、ドッグランは良い事ばかりとは言えません・・





どうも、こんにちは!悠さんです!


犬を飼ったら、一度は訪れてみたいドッグラン。



犬を飼う前はサービスエリアのドッグランなど、見向きもしなかったのに

飼い始めてからは、「ドッグラン」の看板に敏感に反応するようになってしまったのではないでしょうか?w





さて


「今度ドッグランに連れていこうと思うのですが、なにか気をつけておくことってありますか?」


ドッグトレーナーをしていると、このような質問をたびたび受けます。



それに対して私は


「あえて行くような所ではないですよ」


とお答えしています。




なぜかというと理由は、主に2つです。


①ドッグランという環境は、犬にとってストレスが多い。

②犬のボディランゲージを読める飼い主は少ない。



不特定多数の見知らぬ犬同士が集まる状況というのは、慣れていない犬にとっては、とてもストレスになります。






子犬の時から、そのような状況に徐々に慣らした犬や、他犬を気にしないような性格の犬ならば、ある程度大丈夫かもしれませんが、そのような犬はあまりいません。




例えば、愛犬をドッグラン内に入れた際

あなたの足元から離れないようならば、愛犬はその状況に対して

不安があったりや緊張をしていることになります。



さらに、そのような心理状態の中

他犬があなたのそばにやってきたとしたら、おそらく愛犬はもっと怖がるか

相手の犬を攻撃しようとするでしょう。



飼い主の足元は、愛犬にとっては、大事な安全地帯ですので

必死で守ろうとするからです。



それなのに、他犬に攻撃した愛犬を、あなたが叱るようなことがあれば

もう最悪です。



そうなれば、犬との関係は悪化するでしょう。




仮に馴染みのドッグランで、知っている犬ばかりが集まるのなら、犬にとって楽しい時間となります。



しかし、誰でも自由に使えるようなドッグランでは、得られるリターンより

リスクの方が多いのです。