かじり癖矯正への第一歩★


はい!どうも!悠さんです(^o^)

物を噛むという行為は、イヌ科の動物が気晴らしに行う行動で、楽しいだけではなく、あごや歯の形を整える役目も果たしています

しかし、人間の住む「家」の中には噛んではいけないものがあまりにも多く(人間にとって都合が悪い物)そのすべてが、イヌからしてみれば

「おもちゃ」なのです

イヌはただ噛むのに具合が悪いか、良いかということしか考えていません

その上、安全か?危険か?の判断は出来ても善悪の区別は出来ません

だからこそ、子犬の段階で、噛んでよいものといけないものを教えなければ

後々大変なことになります

子犬の時に噛む物として、家庭の中で多いのが、靴やスリッパを噛むということではないでしょうか?

靴やスリッパは、匂いがついていて、噛み心地もちょうどいい

子犬に限らずイヌにとっては「至福のおもちゃ」です

それらが、目の前にあれば、噛むのは当たり前で当然のことなので、噛んでいるからといって、叱ったりすることは全く効果的ではありません

例えば赤ん坊が、あなたの大切なものをしゃぶって遊んでいるときに

大きな音をだしてビックリさせたり、「こら!!やめなさい!!」といって

叱るでしょうか??

赤ん坊は泣くだけだとおもいます(^^;)

大切な物は、赤ん坊の手の届かない所に置く

それだけで解決しますよね

イヌも基本的には同じようにしていれば良いだけです♪

つまり、噛んで欲しくない物は犬の届かない所に移動させ

ソファやテーブルなど、移動が困難な場合は、その部屋に入らせないようにする

飼主が外出するときには、かならずサークルやクレートに入れておくようにすると疲れて帰ってきたときに、子犬の破壊行動にイライラしなくてすむでしょう

その上で!!

犬用のおもちゃを与えます

子犬を飼い始めたら、最低でも10個

色々な種類の固さ、大きさのおもちゃ、破壊されても問題ないおもちゃを

用意しなくてはいけません(^_^)v

そして、犬の「噛みたい欲求」をどれだけ満たせてあげるかが、かみ癖矯正への第一歩です

お預かりさせて頂いた

柴犬ちゃん達の様子です(*^_^*)

メスの柴ちゃんです

元気いっぱい★

ちゃんと挨拶してからですよ~(^o^)

追いかけっこ遊びが開始されました★

胴輪をつけている子がひたすら逃げ回ってます(笑

休憩みたいですね

ちょっとしたトレーニングです(o゚∀゚o)

呼んだら、股下に入るようにおしえています

「呼ばれたら、どこに行けば良いのか?」ということが、イヌにとって分かりやすくなり

「飼い主の側には来るけど、すぐどこかに行ってしまう」ということが起こらないようにするためには、この方法が効果的ですね(^_^)v

それでは、また次回(*^_^*)

#ペットホテル

76回の閲覧

所在地

 〒666-0111 兵庫県川西市大和東3丁目3-3

電話 072-703-5243

mail   l-kane5@outlook.jp

営業時間 9:00~19:00

お電話受付時間 8:00~20:00

定休日  ​不定休

代表 兼古悠揮 Yuki Kaneko

DBCA認定ドッグビヘイビアリスト 

JKC公認訓練士

     ペット介護士

        

第一種動物取扱業 

訓練 第1614434

保管 第1612433

登録年月日   平成29年1月16日

有効期限の末日 平成34年1月15日