続:犬は子供の心を育ててくれるぞ☆彡


はい!どうも!悠さんです(*゚∀゚*)

子供がいる家庭で、犬を飼うことについて

そのマイナス面も考えてみようと思います

子供と犬が触れ合うことはとても大切です・・が!

同時に、親が手本を示してあげる必要があります

親が犬をどのように扱うかによって、子供の扱い方も変わってきます

犬は物ではなく、感情を持った生き物であるということを、真っ先に教えてあげることが大切ですね

『イヌ』という生き物のことをなにも知らない子供は、ときに手荒に扱ってしまうことがあります

結果、犬に咬まれてしまい、その出来事がトラウマとなり『犬嫌いな子供』になってしまいます(^^;)

犬を見ただけで逃げ出してしまう子供がいる・・・

そのことに本当に心が痛みます(>_<)

自分のいらだちや怒りを、厳しいしつけや罰という形をもちいて、表したとしたら

あなたは、自分の子供に、暴力を振るってもかまわないということを教えていることになります

ペットが罰を受け、手荒に扱われた家庭で育った子供は、おとなになったときペットや自分自身の子供に対して、同じように暴力によって従わせる方法を取りがちになるそうです

親が愛情を注ぎ、犬のことに理解を示しながら育てる。

子供はその背中を見ていますよ・・

最近のわんちゃん達です♪(*^_^*)

みんな一生懸命匂いを嗅いでますね~

クンカクンカ

たくましい後ろ脚!!

それでは!また次回(o゚∀゚o)

ドッグハウス~悠~の兼古でした!

#ペットホテル