【子犬】食事中にしてはいけないこと

〜「子犬」の食事中に気をつけたいこと〜

こんにちは!悠さんです!

「あなたが飼っている子犬は、エサをガツガツと激しい勢いで食べますか?」

「エサの準備をしてる時に、興奮してキャンキャン鳴いていますか?」


2つの質問がYESの場合

特に以下の2点をしないように気をつけてください。

食べさせる前に「待て」をさせている

サークル・ハウス内であげている

これをすると、どうなるかというと

あなたの愛犬が食事中もしくは食後に怒るようになります

なぜかというと、

エサの器や、その場所を守ろうとするからです


[ここでいう子犬とは生後6ヶ月以下とします]

エサの準備をしてる段階でキャンキャンと鳴く子犬は、興奮しすぎています

その状態の子犬に、「まて」と我慢させることは危険です。

「エサの前はしっかり指示を聞かせないと、犬が飼い主を下に見るんちゃうの?」

と考えている飼い主さんもいらっしゃると思います。

しかし、これはまったく根拠がありません

犬は普段の生活で、あなたの一貫性のある態度に安心と信頼を寄せるからこそ、指示を聞こうとするのです

エサが欲しくて興奮しまくっているので、早くもらうことしか考えていません。


なので、正直

そのような犬に「まて」は、あまり意味がありませんね


おあずけをすればするほど、早く食べ物を取り込もうとして、よけいにガツガツ食べる癖がつきます。


ガツガツ食べる子犬は、徐々に食べ物に対して執着する傾向にあります。

「誰にもわたさねーぞ」となるわけです

がっついて食べているのをみると、「元気だなぁ」という印象を持つかもしれません。

しかし、焦って食べているとも捉えることができます

よく見られるのが

食べ終わった器を守ろうとしたり、サークル内に誰も近づけないようにしたりして、唸ったりするようになります

犬が唸った結果、良いことが起こると

いよいよ本格的に唸ることが増えてきます

ついには、いつ噛まれてもおかしくない状態になります。