【犬のしつけ】うまくいかない人の特徴5選


「犬のしつけがなかなかうまくいかない・・」


初めて犬を飼う人だけでなく、何年も犬と暮らしている方でも悩むことが多い

”犬のしつけ”


愛犬のしつけ相談を受け、飼い主さまに改善のアドバイスをさせていただいていますが

中には「しつけが思うようにうまくいかない・・」と感じている人もいます。


そして、犬のしつけが「うまくいかないな」と感じている人には、共通の特徴があります。


ちなみに、うまくいかないというのは”犬に問題行動がたくさんある”というわけではありませんよ。


🐾犬のしつけがうまくいかない人の特徴とは?




犬のしつけがうまくいかない飼い主さんには、以下の共通した特徴があります


1、犬の行動はすぐに変わると思っている


2、犬のせいにする


3、教え方に一貫性がない


4、感情的になる


5、落ち着きがない



思い当たる項目はありましたか?




犬は一般的に、人間の2〜3歳児程度の知能指数(IQ)があると考えられており、幼稚園児程度の認知能力があるともいわれます。


そのため「犬はしつけがしやすい」と思い込んでいる飼い主さんも多くいらっしゃいますが

決して簡単ではありません。


賢い動物だからこそ、間違った方法や一貫性のない教え方は混乱を招きやすいのです。



🐾 1〜3の飼い主さんの特徴




一般的にボーダコリーやジャーマンシェパードのような賢いと言われている犬種を飼っている方に多いのが『1、犬の行動はすぐに変わると思っている』『2、犬のせいにする』です。


心理学教授のスタンレー・コレン博士によるIQテストの結果によると、他の犬種よりも優れた知能を持っていると評価されているので、賢いのは確かといえます。


しかし、だからと言って犬に期待しすぎるのはどうでしょうか?


犬の賢さに期待しすぎている飼い主さんは「分かっているのに言うこと聞かない」と考えやすく「うまくいかないのは犬のせいだ」と思ってしまいます。


犬のアジリティー競技会でコースを間違えて失格になってしまった飼い主さんが、愛犬に対して「今日はご飯抜きよ!」と言っていたのは衝撃でしたね。


さて


どんなに賢い犬種と言われていても、

昨日と今日で対応を変えたり、少し練習しただけで「この子は分かったはず」と思い込んでしまう飼い主さんは、しつけがうまくいいかないでしょう。




🐾4と5の飼い主さんの特徴


感情的になりやすかったり、落ち着きがない飼い主さんもしつけに苦労されています。


犬は人の表情、仕草をよく観察しています

それを手掛かりに、あなたとコミュニケーションをとっていると言っても良いでしょう。


そのため、気分の浮き沈みが激しかったり、動作が慌ただしい人だと

犬は飼い主さんの要求にうまく答えることができません。


犬が「おすわり」を覚えていたとしても、飼い主さんがイラついていると

「いつもと雰囲気が違う・・」と犬は動揺してしまうことでしょう。


そのうえ、「おすわりしなさい!お〜す〜わ〜り〜!おすわりわ?」

と落ち着きなく接することでも、犬は動揺します。


犬を動揺させることは、学習の妨げになるので

しつけはなかなかうまくいかないでしょう。




いかがだったでしょうか?


しつけがうまくいかない人というのは、愛犬に問題があるのではなく

飼い主さん側の考え方や態度に問題があります。


犬の行動はそんなすぐに変わりません。

犬に善悪の判断を求めるのは意味がありません。

教え方は家族全員が統一しましょう。

嫌なことがあった日は、しつけから距離を取りましょう。

落ち着いてください。でないと愛犬は混乱します。



しつけは決して簡単ではありません。

しかも”これが正解”というものもありません。


だからこそ

犬の個性に合わせて、できそうなことを見つけ伸ばしてあげるも良し

苦手なことはどこまで教えへ、許容範囲はどこまでかを飼い主さん自身が決めて

いいものなのです。


ただし、周りの迷惑にならない範囲でね( ^∀^)


犬に対する考え方や接し方を見直してみると、きっと良い成果が得られるでしょう♫



==================================


いつも読んで頂きありがとうございます!

【いいね】や【コメント】も頂けるとよりいっそう励みになります♫


他にも多数、犬に関しての記事を投稿していますので、もしよければ他の記事も覗いてみてください。(ひと記事は約3、4分で読み終えるぐらいにしています。)


あなたのドッグライフのお役に立てれば幸いです( ^∀^)


では!また!!

閲覧数:50回0件のコメント

最新記事

すべて表示