【犬のしつけ】飛びつきを無視した結果・・




犬のしつけ相談を受けていると

『よくない行動は無視しろ』という情報が溢れているなと感じます。



先日にも、飛びつきで困っている飼い主さんからお話を伺う機会があり

「調べたら、飛びつきは無視したら良いってネットに書いてあって・・」という


また


違う飼い主さんは

「ドッグトレーナーさんから『飛びついても全く相手にしなければ、飛びつかなくなりますよ』と言われました」というお話をよく聞きます。



無視って、誰にでもできるし、テクニックとかいらないから簡単そうですよね。


アドバイスとしても、なんとなく納得感があります。




ですが



それと同時に「無視を試してみても全然良くならない」という意見もお聞きします。





[犬のよくない行動を無視することで改善させる]



果たしてこれは本当に効果があるのでしょうか?





■「良くない行動を無視する」というのは、正解であり、不正解でもある




結論を言うと、よくない行動を無視しても


効果はほとんどありません。


その上、問題行動がよりやっかいになる可能性もあります。


つまり『よくない行動は無視する』という方法は、実はかなり危険なのです。




そもそも、完璧に犬を無視することってできますか?




例えば、


愛犬の飛びつきを「無視すること」でやめさせようとします




飛びつくとかまってもらえると犬が学習しているから、

それなら相手にしなければ、飛び付かなくなるだろう。



という、いっけんとても効果がありそうですよね。



ですが、この場合

飛びつきが、足を噛むに変わってしまうことがあります。





なぜかというと


飼い主に飛びつく犬の目的というのは、

関心を引きたいというのが一般的だからです。



そのため、たとえ無視をして飛びつかなくなっても、犬の欲求は満たされていないので、

他に関心を引けることはないか?と考えるからです。



そして多くは、『吠える』『噛み付く』『物を持って逃げる』など、目立つ行動をとることで、飛びつくと同様の報酬を得ようとします。



黙ってジッとしているより、上記の行動をするほうが、圧倒的に注目されますからね。



もし、噛まれたあなたが「いたいっ!!」っと声をだしてしまったとします。



それは犬にとって、反応を引き出せたという報酬になり


次からは、飛びつかずにきっと足を噛む頻度が増えるでしょう。


ここで問題なのは、足を噛まれても全くの無反応でいられるかということです。


これは、なかなか難しいと思います。


足を動かすだけでもアウトです。




要するに、飛びつきを無視することで、その行動はしなくなるが

一方で、また新たな問題がうまれてしまったということです。



効果が”ほとんどない”と言ったのはそういうわけです。



噛みつかれるぐらいなら、飛びつきの方がまだましだったかもしれませんね。



このように

「良くない行動を無視する」というのは、正解であり、不正解でもあるのです。




結局、飛びつき行動だけをどうにかしようとしても”ダメ”ということ。



根本にある行動の動機、

つまり、かまってほしいという欲求を満たすことが大事なのです。



お留守番の時間は長くないかな?

遊びは足りてるかな?

そういったことから見直してみるのは、いかがでしょうか?


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



いつも読んで頂きありがとうございます!

【いいね】や【コメント】も頂けるとよりいっそう励みになります♫


他にも多数、犬に関しての記事を投稿していますので、もしよければ他の記事も覗いてみてください。(ひと記事は約3、4分で読み終えるぐらいにしています。)


あなたのドッグライフのお役に少しでも立てれば幸いです( ^∀^)


では!また!!








閲覧数:40回0件のコメント