【サマーカットは危険!?】暑さ対策にすらならない


こんにちは!

ドッグハウス〜悠〜 トレーナー兼グルーマーの【あき】です♫




■サマーカットは危険



暑くなってきましたね

そろそろエアコンも本格的に始動する時期!

ワンちゃんを飼っていらっしゃるご家庭では電気代もかかってくる時期ですね><



そんな中、愛犬もお外に出ればハアハア暑そう、、、😩





「そりゃーお前は毛があるから暑いよな、、、。

その暑そうな毛、丸刈りしてもらうか!」



とお考えの飼い主さんもいるのではないでしょうか?^ ^



しかし、タイトルにもある通りサマーカットは危険がいっぱいなのです!






サロンでは「ワンコを綺麗にする」「飼い主様の希望通りカットする」ことが目的であるため、あまりサマーカットの危険性について言及されないと思います。



わんちゃんの皮膚は、人間の1/3程度の厚さしかなく

被毛によって日光や紫外線から守られています。




しかしながら、サマーカットをすることで、紫外線が薄い皮膚に直接当たることになってしまいます。



毛を短くすればする程、太陽からの熱が当たって余計に暑く感じ、過剰に紫外線を浴びることで皮膚炎熱傷を引き起こす可能性もあります。



つまり、サマーカットは必ずしも暑さ対策にはならず、むしろ逆効果になってしまうこともあるということです。




また


暑い日には、冷房をつけるますが、毛を短くしてしまったワンちゃんにはお部屋の温度が寒すぎて、体温調節が難しくなり体調を壊すこともあります。



他にも、毛を短く刈ってしまうと『毛刈り後脱毛』といって、

毛が生えずらくなります。




チワワやダックス、ポメラニアンなどは、毛が抜けることで暑い時期に備えています。


なので、カットは必要ありません。一定の長さで必ず止まります。


特にこの三犬種は皮膚が弱く、毛が生えて来なくなりやすいのです。



意外と一般の飼い主さんには認知されていませんので、

ぜひこの事を覚えていただければ幸いです^ - ^





『サマーカットでお願いします!』



たったその一言で、ワンちゃんの健康を害してしまうことがあります。



ちなみに、サマーカットには定義はありません


ただ毛を短くするという行為です。


なので、夏にするカットのこと全てをさすわけでも、毛を地肌くらい短くすることでもありませんよ。



個人的には、人によってサマーカット(短い)の考え方が違うので「1センチくらい残して欲しい」「バリカンで5ミリで」など具体的に言ってもらえるとすごく助かります。^^




■毛を短くした方が良い場合もある


わたしは、なるべく毛を短くして欲しくありません(これだけデメリットを書いてますのでw)


ですが、もちろん例外もあります。



どのような時に、毛をつるつるにするのかというと、、、



  • 手術前

  • 毛玉が全身できている

  • 金銭的余裕がない、連れて行く時間がないなどサロンに定期的に来れない

  • カットが苦手


このような場合は、毛を短くしてつるつるにします( ^∀^)



つるつるにした場合は、必ずワンちゃんの体温調整に気をつけてもらうようにしています。


冷房の温度を25℃前後にしてもらったり、お散歩時には皮膚を保護のために洋服の着用を勧めたりしています。




■まとめ


今回はサマーカットの危険性についてご紹介しました♫


あなたは「犬が暑そう・・だからサマーカット!」と安易に思っていませんでしたか?^_^

それは人間目線での考え方になってしまってます。


犬の被毛は、薄い皮膚を紫外線や日光から保護するため必要なのです。


また、ダックスフンドやポメラリアンなどは、一度丸刈りにしてしまうと、ちゃんとした被毛が生えて来なくなる可能性があります。(そもそも全身カットは必要ありません)


一方で、プードルのように毛玉が出来やすい犬種は、毛を短くした方が良いこともあります。毛玉ができると、皮膚が常に引っ張られた状態になるので、体によくないのです。



夏=サマーカット


ではなく


あなたの愛犬の犬種に適した被毛の長さにしてあげることが大切です。




ドッグハウス〜悠〜の『ハッピーグルーミングケアサロン』では、

事前にカウンセリング(予約制)もしておりますので是非一度ご相談下さいね^^



それでは、ここまでお読み下さった皆さんいつもお読みいただいてありがとうございます♫


是非、いいねボタンやコメントを頂けると励みになります!


他の投稿も是非チェックして見てください❤️


それでは次回もお楽しみに!











閲覧数:35回0件のコメント