ドッグトレーナーに相談して後悔する人・しない人

愛犬の困った行動を解決したいと思ったとき、どうしていますか?



他の飼い主さんに聞いてみる。本、ネットで調べてみる。

もしくは、獣医やドッグトレーナーに相談してみる。



こういったことが、ほとんどではないでしょうか?


今回は、ドッグトレーナーに相談して

「相談しなきゃよかった」と後悔する人と「聞いといてよかった!」と思う人の違いを、ご説明します。



ここで一つ、犬のトレーニングにおける大前提を、頭に入れながら読み進めて下さいね^ ^


【犬の行動を変えることは、原則一瞬でできるものではありません。長期的な目線で、少しずつ変えていくことが望ましいのです。】






あなたは、テレビなどで人気の”愛犬のお悩み解決番組”を観たことはあるでしょうか?



例えば、『インターホンが鳴ると吠えて困っています』という依頼者の元に、

凄腕ドッグトレーナーが登場!!あっという間に解決!!という内容があったとします。



どんな方法で直すのかな?と思って観ていると・・・


チョークチェーンというしまる首輪を使って、犬が吠えたらそれをで「シャッ!」と首を締めて、犬をおとなしくさせていました。


いわゆる、罰を用いた方法ですね。




罰を用いた方法は、即効性が高いので一時的に行動を止めることが可能です。

なので、テレビで向きですね。


もしかしたらこのドッグトレーナーさんは、テレビ側から与えられたトレーニングの期間が短かい上に「とりあえずでも良いから吠えないようにして下さい」と、お願いされていたから

このような方法をとらざるおえなかった可能性もあります。




そして、実際にインターホンが鳴っても大人しくしている犬の様子が写されると、

それを観たテレビの視聴者はこう思うでしょう

「すごい!!あのトレーナーさん、一瞬で直した!!!」

「なるほど止めさせたければ、こうすればいいのか!うちの犬でも試してみるか!!」




ですが、実際はカメラに写っていないところで、そばにトレーナーがいて、犬をじーっと睨みつけていたりしますw

視聴者には、ほんの数分のうちに良くなったと思いこませるために、上手いこと編集していますね。

犬の心の中は、”この人が側にいる時に吠えると、痛いことされるからやめとこう・・”

と思っているだけでしょうに。






愛犬の問題を一瞬で解決する凄腕トレーナーという印象を持って

相談に行くと後悔する可能性が高いです。


もしもテレビ的にではなく、普段から罰を用いた方法を多用しているドッグトレーナーに相談したとしたら、あなたはこのようにアドバイスされるでしょう。



「もっときつく叱らないとダメですよ、犬になめられますから」

「もっと強くショック与えないと、犬にダメだって事が伝わりませんよ」

「お母さんは、犬になめられてます。もう少し厳しい態度の方が言うことを聞いてくれますよ」(簡単な一例です)



犬の行動を止めさせることだけに焦点を当てているので、こういった考えになってしまうのかもしれませんね。



とはいえ、言われたようにしたら問題が一時的に解決したら

その方法が正しくて、やっぱりこのトレーナーはすごいと思ってしまうでしょう。



「吠え癖に困っていて、それが早く解決するんだからで別に良くない?」と言う方もいます。


確かに、早く解決する方が良いですが、

罰を多用すると、犬は慢性的なストレス状態になります。



すると、物音に過敏に反応したり、無気力になったり

罰とあなたが関連づいていると、あなたを避けたり唸るようにもなります。