グルーミングの目的、サロンの役割

 
1. 健康管理

 

グルーミングとは犬の体を全体的にお手入れすることです。

ブラッシングを行うことで血行が良くなったり、代謝を高める効果もあります。

 

さらに、ワンちゃんの毛をしっかりとかき分けて皮膚もチェックしますので、皮膚の病気を早期発見できる可能性もあります。

場合によっては腫瘍(しゅよう)やノミ、ダニなどの寄生虫の発見につながります。

グルーミングをしながら、体に異変はないかをチェックすることができるのです。

 
2. 信頼関係を築く

 

グルーミングの時には犬の体を触ることになります。

ゆっくり優しく犬にとって気持ちいいと感じるなで方でワンちゃんはご家族以外の人間にも愛着を育てることになるでしょう。

 

子犬の頃から上手にグルーミングに慣らしてあげることによって、サロンでもストレスなくスムーズに作業が行えるようになります。

 

3. 美しさを維持する

 

グルーミングの内容にはシャンプー、カットも入ります。

愛犬の毛に付着したゴミやホコリ、汚れは定期的にお手入れしてあげないとどんどん汚れがたまっていきます。

たまった汚れはなかなか取り切れなかったり、汚れを落とすのに時間がかかったりします。

時間がかかるということはワンちゃんの負担が増えることに繋がります。

さらに毛が伸び続けるカット犬種は定期的に毛をカットしてあげないと毛が伸びてもつれや毛玉が出来やすくなります。

もつれや毛玉を取ることは時間がかかる上にそれらを取ることは痛いので、サロンが嫌いになりやすい理由の一つかなと思います。

なるべく定期的(1ヶ月以内)なご利用で綺麗を保ち、負担の少ない方法でのグルーミングをおすすめしております。

4.社会性の構築

定期的にサロンに出してもらうことで、ご家族から離れる時間を設けたり、ご家族以外の人間や他のワンちゃんとの関わりが増えることになります。

他のワンちゃんやご家族以外の人と良い関わりを持つことでワンちゃんの社会性や経験も構築され、他人とも上手く付き合っていけるようになります。

これは人間社会で暮らすワンちゃんのストレスを減らすためにもとても重要なことといえます。

 

他にもたくさんありますが、以上のことが主にグルーミングの目的、サロンの役割といえます。

ドッグハウス~悠~での主なグルーミング内容

  • ベイシング(シャンプー)

  • ドライイング(ドライヤーで乾かす)

  • ブラッシング(ブラシを使って毛をとかす)

  • コーミング(コームというくしを使って毛並みの整理)

  • ベーシック(爪切り、足裏バリカン、耳掃除、肛門線絞り)

  • ​トリミング(毛をカットして整える)

せっかくプードルを飼ったのに今まで一度もサロンに出したことがない

​カット犬種は毛が伸び続けるので、定期的なトリミングが必要です!

もつれや毛玉を放置していると、ワンちゃんは皮膚が引っ張られて常時身体に痛みを伴っている状態です

最近いつも不機嫌、よく吠えるようになった、食欲がない等はこれらのことが関係しているかもしれません。

これらのサインがなくても、ワンちゃんは痛みやストレスを我慢してしまう動物なので、飼い主様が気付いてなくても痛みに耐えてしまっているかもしれません。

大切なワンちゃんのために、

たかが毛玉と思わず今すぐサロンもしくは動物病院に連れて行きましょう!

そして毛玉は簡単には取れないので時間もかかり危険を伴います。

​皮膚が引っ張られている状態なので、毛玉と一緒に皮膚を刈って怪我をさせてしまう危険性もあります。

もつれのサイン

​コームを通して引っかかりがあればそれはもうもつれている状態です。

月に一回程度(最低でも2ヶ月に1回)のカットが必要な犬種

プードル

​シーズー

ヨーキー

マルチーズ

シュナウザー

ビション・フリーゼ

これらの犬種は毛が抜けない代わりに伸び続けます。

ご利用の流れはこちらから