子イヌの可愛さに負けるな!〜将来を見据えた習慣を作ろう〜


生後3ヶ月の子イヌがあなたのお家にやってきて、新しい家族が増えました♫



さぁ、何から始めましょうか?


可愛い子イヌは、そこにいるだけであなたや家族を癒してくれることでしょう。

ずっと見ていても飽きないし、その愛くるしい表情で見つめられたら、ついついなんでもしてあげたくなってしまいますね!




さて



子イヌが家に来て、ワクワク気分で将来を楽しみにしていることでしょう。


しかし

忘れてはいけないのは、イヌに私たちと同じ家庭環境で人間のルールや習慣に従って一緒に暮らしてくれるようにお願いすることです。



つまり、イヌとのルールを決め、そのルールにそったトレーニングを行う必要があります。


例えば、散歩から帰ってきたら足を拭いてからでないと家には入れない。

こういうルールを作ったならば、落ち着いて足を拭けるようにトレーニングが必要です。

(イヌにとって足を拭かれることは不自然です)


ルールが厳しければ、当然トレーニングも大変になってくるでしょう。


イヌにしてみれば「厳しいルールを作って、トレーニングはめんどくさい」では、あまりに理不尽。ルールがあることをイヌに教えないで、叱るのも同様です。

(足を拭いてる最中に暴れるイヌを叱ったりしてはいけませんよ)



また、イヌと決めたルールはコロコロ変えてはいけません。


イヌは、習慣(ルーティン)一貫性を大事します。






■『ペット』から『コンパニオンアニマル』へ



よくしつけられたイヌというのは、最高のパートナーになります。(おそらくあなたの伴侶よりも♫)


ペット(愛玩動物)をコンパニオンアニマル(伴侶動物)と呼ぶようになったのもその表れです。


それこそ、お互いに言葉などいりません。

身振り手振りだけで、お互いが考えていることが分かるようになります。


あなたが疲れて帰宅する前には、必ず玄関でまってくれていることでしょう。

(その時旦那さんは、テレビを見ているかもしれませんね!)

そして、大喜びで出迎えてくれるのである!今日も、明日も、明後日も。


健康のためのウォーキングにも喜んで付き合ってくれます。


落ち込んでいることきはそっと何も言わず寄り添い、一緒に寝る時には

暖かいモフモフを提供してくれる。





イヌが「精神的な支えになってくれている」と実感される方も多いでしょう。



ですが、突然魔法のようにいい子になってくれるわけではありません。


今までの積み重ねが大事になります。



そう「習慣」です!



イヌを愛でるだけのペットではなく、コンパニオンアニマルとして暮らしたいのなら

最初から「良い習慣」を作ることをオススメします。




■子イヌはいずれ大きくなる


今まだ、ぬいぐるみのようにコロコロしている子イヌも、いずれ成長して大きくなります


当然ながら噛む力やジャンプ力が発達することも覚悟しなければいけないでしょう。


子イヌの頃には、好きなようにさせて、成犬になったら同じことでも叱る。

それは、身勝手ではないでしょうか?


例えば、子イヌの頃には飛びつくことを許しておいて(逆に喜んだりしますね)、成長して力が強くなったからという理由で、飛びつきを叱るなどです。